駆除が必要な種類のシロアリ

基礎断熱工法で建てられた住宅に被害を与えるのはヤマトシロアリとイエシロアリであり、地中から住宅に侵入されてしまうパターンが一般的です。住宅の隙間などから侵入して木材の存在を確認し、そのまま住み着いてしまいます。外基礎断熱工法の住宅は外側に断熱材が存在するため、その断熱材をシロアリがつたって侵入してくることが多いです。
シロアリは自然界では植物細胞や植物繊維を分解してくれる働きを持った昆虫として重要な役割を持っていますが、住宅に住み着いてしまうと大きな悪影響を発生させてしまいます。

家庭菜園や小さな子供がいる住宅でシロアリ駆除を実施する場合は、安全性の高いベイト工法を実施するのがベストです。ベイト剤と呼ばれる昆虫だけに作用する特殊な薬を使ってシロアリを駆除する方法であり、動物や草木に悪影響を与えることはほとんどありません。

top button